水漏れトラブル対処法

最新のシャワー水漏れ情報まとめ

シャワーの水漏れの原因であるホースの交換は意外と簡単?

シャワーの水漏れの原因であるホースの交換は意外と簡単? 長く使っていると劣化して亀裂が入ったりして水漏れの原因になるシャワーホースを、防水テープなどで補修して我慢して使っている人もいますが、意外と簡単に交換することができます。
必要な工具は、パイプなどを傷めないようにするプライヤーという道具1つだけです。
先端がプラスティックになっている物を選ぶと、ホースを傷めずにきれいに交換することができます。
シャワーホースは、ホームセンターなどで購入することができますが、メーカーを確認してから買いに行くことが失敗しないコツです。
シャワーヘッドとの連結部分は、くるくると回転させるだけで取り外すことができ、付けるときは逆向きにまわすだけで簡単につけることができます。
元栓の部分はプライヤーを使って外しますが、この時、元栓を閉めておくようにしましょう。
そのままでは径が異なり付けることができないことがあるので、メーカーに応じたアダプタを装着します。
シャワーホースに付属されていない場合には、別売りのアダプタを用意しましょう。
プライヤーを使ってしっかりと接続すれば完了です。

シャワーの水漏れは劣化が原因かもしれません

シャワーの水漏れは劣化が原因かもしれません 長年使用しているシャワーからの水漏れは、部品が劣化し破損することが原因かもしれません。
使用環境や使い方によって変わってきますが、一般的にシャワーの耐用年数は10年前後と言われているので、不具合が起こった際は素早く蛇口を含めて劣化していないか調べる必要があります。
シャワーヘッドを上に向けて水が止まれば構造上の問題で故障ではありませんが、水が止まらない場合は水栓や蛇口が壊れている可能性が高くなっています。
普通の故障ならば、自分でパッキンを交換するなどすれば解決しますが、蛇口自体が老朽化していると全部を交換しなくてはいけません。
パッキンは応急処置をすることもできますが、あくまで緊急時の対処法なのですぐに水漏れをしてしまうことが多くあまりおすすめではない方法です。
蛇口の修理をしても水が止まらない時は、シャワーヘッドやホースを疑ってください。
日常的にメンテナンスを行うことで、事前に不具合を見つけ早めに対処することが出来ます。