水漏れトラブル対処法

凍結による水道管破裂

凍結による水道管破裂

凍結による水道管破裂 シャワーや洗面台の水漏れ原因の一つに、冬場の凍結による水道管破裂が挙げられます。
全面的に凍っていなくても、一部でも凍れば水圧が強くなり、シャワーの付け根などの最も弱い部分が水圧で破裂する場合があります。水道管の破裂の原因として、凍結防止ヒーターの劣化が考えられます。長年使用していると知らないうちに劣化が進み、十分に熱が伝わっていない場合があります。ヒーターが断線してしまうと、少しの冷え込みで簡単に凍ってしまいます。確認するには、普段使用する水の温度に注意しましょう。ヒーターに問題がなければ、水の出し始めは少し温かくなっています。水道から冷たい水しか出ない場合は要注意です。真冬になる前に確認しておきましょう。それから、夏場は節電のつもりでコンセントを抜く人がいますが、コンセントを入れ忘れたら大変です。通常、温度を感知してヒーターのオン・オフがありますので、コンセントは入れたままで大丈夫です。水道管が破裂したら電気代よりよっぽど高くついてしまいます。

凍結が原因でシャワーの水漏れが起こることも

凍結が原因でシャワーの水漏れが起こることも 日常生活において毎日使っているものが破損し使えなくなると残念な気持ちになると思います。例えば食器を壊してしまったり蛍光灯がつかなくなったりすることもあるでしょう。そういった場合は代替品で済ませたり、ちょっとお店に走って買いに行くことも出来ますが、すぐには交換や修理が出来ないものもありますし、素人ではどうにもならない時もあります。それには色々ありますが、冬場に起こる凍結が原因の水漏れもあります。
例えばお風呂に入ってシャワーを浴びようとすると出が悪く、よく見たら管の途中で破裂していたり、庭のある家では外に設置したシャワーから同じように水が出なくなるといったこともあるでしょう。そういった場合、応急修理する道具や技術がなければどうにもならないことが多いです。冬場、極端に寒くなる地域は対策をしているので発生しにくく、普段からあまり寒くならない地域は凍結に対して意識があまりなく発生しやすいと言われています。急に寒くなったりすると凍ることまで気が回らないこともあるのだと思います。